銀行のキャッシングの特徴は?

キャッシングを行う場合には、大きく分けると2つの方法があり、1つは消費者金融から借り入れいる場合と、もう1つは銀行から借り入れる場合になります。

ではこの2つの方法には、どのような違いがあるのでしょうか見ていきましょう。まずどちらも審査を受けなくてはなりませんが、一般的に銀行のキャッシングの方が審査が厳しいといわれています。

しかし、実は銀行の多くは保証会社として消費者金融を使用していますので、基本的には消費者金融と同じ審査基準で審査をしていきます。

また消費者金融では返済できる見込みのない金額を融資して、その結果、悪質な取り立てが頻発していました。これを阻止する対策として、総量規制と呼ばれる法律が制定されました。

この総量規制とは年収の3分の1を超える金額を融資してはならないといった法律で、これにより借金で自己破産をする人や悪質な取り立てに遭う人が減少しました。

しかし、この総量規制と呼ばれる法律は消費者金融のみの法律で、銀行のキャッシングの場合には適応外となりますので、年収の3分の1以上の金額を借り入れることも可能となります。

ですので審査の基準としてはどちらもほとんど同じで、そこに総量規制の法律もない銀行はむしろ借入がしやすいとも言えるでしょう。

また、総量規制に対象外という事により、収入がない主婦の方であっても、少額であれば利用できるタイプのカードローン 審査を行っている銀行も増えてきています。